サイトマップ

最新トピックス

« 前の記事を読む | BLOGトップ | 次の記事を読む »

2021年11月号おすすめ書籍(会報誌より)

日本列島秘史――出雲、エミシ、アイヌ、サンカ、まつろわぬ民の真実を追う

『日本列島秘史』
出雲、エミシ、アイヌ、サンカ、まつろわぬ民の真実を追う

鈴木真悟(著)
今日の 話 題 社 刊
定価 1,980円

歴史とは勝者がつくるものと言われます。
本書は、勝者にとっての都合の悪いことは隠され、
書き換えられてきたと考えられる中で、
実際の歴史はどうであったかを、
正史からだけでなく、
古代から受け継がれてきた口伝や民間伝承、
偽書とされアカデミックな領域では無視され続けてきた
「古史古伝」 と呼ばれる記録から、
歴史を検証している本です。

第一章、正史とされるものの外側にある情報
第二章、天皇家とその成り立ちに関わる謎についての分析
第三章、出雲族、荒吐族、サンカ、まつろわぬ民の真実の姿
第四章、日本の古代信仰とミトラ教の関係
第五章、隠された近代史の解明
と五章で構成されています。

巻末の参考文献を見るとその数なんと74冊、
あまりの情報量に圧倒されます。
こんなに膨大な情報量の本は、
どんな歴史学者の方が書かれた本だろうと
著者のプロフィールを見ると、
インタラクションデザイナー、DJ、イベントオーガナイザー、
メディア・アクティビストと、
歴史とは全く関係のない肩書をお持ちの方で驚きました。

もともと本を書く予定ではなく、
個人的な興味でフィールドワークをされてきたそうです。
本当の歴史に心から興味があり、
好きで仕方がないという気持ちが本書から伝わってきます。
本書を読んで最初に感じたことは、
とても難しいということでした。
日本史も世界史もずっと苦手だった私にとっては、
序盤からわからない単語と難しい漢字の連続で、
もう読むのをやめようかと挫けそうになりましたが、
第三章を読み始めた頃からだんだん興味深く感じ始めました。

過去の隠されてきた歴史に焦点が当てられた本ですが、
過去のことを書くことによって、
現代の日本人の生き方に警鐘を鳴らしているようにも感じられました。
ぜひお読みください。


(編集室 兒玉裕子)

足圧整体 しあわせになる足法

足圧整体 しあわせになる足法

丁 泰丹(著)
じゃこめてい出版 刊
定価 1,300円+税


 「しあわせになる」とは、なんてすてきな言葉でしょう。
「健康になる」でもなく、
「しあわせになる」ということが、
本著を読んで腑に落ちました。

 著者は広告制作会社で勤しんでいました。
幾度もの奇蹟的体験を重ね、
自身の大病から道教をはじめとする自然哲理の探求に導かれ、
その後、天職と捉えていたコピーライターの道を捨て、
自ら立ち上げた足法の錬磨と指導に身を投じました。

 足法というメソッドは、
マッサージや指圧、これまでの健康法とは
根本的に違っていたのです。
足法の最大の目的は筋繊維の中の、
病気の根源と言われるコブを取り去ることです。
基本を覚えれば誰もが容易に行え、
健康増進を実感できるだけでなく、
家族や友人同士のスキンシップを通して
コミュニケーションの機会も増します。

 「まずなによりも害を為すなかれ」
これは医学生が習うヒポクラテスの誓いだそうです。
しかし現状日本の医療界は一大ビジネスとなり、
実験のような手術や薬漬けに晒されています。
自然の偉大な治癒力で、
本来、病気は自分で治すものです。
しかし現代人の多くは医者依存におちいり、
社会的常識に洗脳されていることこそが、
病気以前にすでに病んでいると著者は言います。

 長年足法を研鑽していく中で、
著者は何度か新たなステージへの移行を感じたそうです。
足法は瞑想でもあるのです。
体の声を聴くと表現していますが、
深い想いに至ると足が相手の体の状態に合わせて
自然に動くのだそうです。

 私たちの住む地球がこれまでにない変革の時期に入り、
力から愛の時代へと大きくシフトチェンジを始めた今だからこそ、
多くの人がしあわせになる足法は広がっていくのでしょう。

 実技編も写真とイラストでとてもわかりやすく説明されています。
ぜひ、お読みください。


(編集室 柴切純子)
 
 



カテゴリー

月別アーカイブ



  • にんげんクラブ入会キャンペーン
  • メルマガ登録(無料)
  • zoom寄合
  • にんげんクラブストア
  • 舩井フォーラム 講演CD・DVD
  • Kan.ワークプログラムDVD
  • 秋山峰男の世界
  • やさしい ホツマツタヱ
  • 舩井幸雄記念館
  • 黎明
  • 船井幸雄.com
  • ザ・フナイ
  • ビジネス共済なら協同組合企業共済会
  • Facebookページはこちら
  • スタッフブログはこちら
グループ会社
  • 舩井幸雄.com
  • 本物研究所
  • エヴァビジョン
  • ほんものや